英語スクール ANNIE

教育改革

 今後ますます進展するグローバル化に備え、国際社会で活躍できる人材を育成することが不可欠になっています。そのためには、世界に通用する実践的な、「使える」語学力(英語力)を習得しなければなりません。そこで2020年から実施された新学習指導要領に伴い、小学校のみならず、中学校や高校、大学入試でも英語に大きな変化が起きています。

小学校の英語教育

 小学校では英語教育が必修化になりました。小学校3年生、4年生は「外国語活動」という体験型の英語学習が年間35コマ設定されています。「聞く」、「話す」が中心の授業で、歌やクイズなどを通して英語の音声に慣れ親しんでいきます。英語にまだ全く触れていない状態でのスタートなので、単語や短いフレーズがメインです。また、挨拶や身の周りのことをテーマにした簡単な質問などのやり取りを通してコミュニケーション能力を鍛え、伝わったときの喜びを子供たちに体験してもらおうと授業を行っています。こうした体験のなかで「聞く力」「話す力」を養っていきます。小学校5・6年生では「聞く」「話す」に加えて、「読む」「書く」が加わり、「外国語」という教科になります。教科ですので、テストを実施し評価(成績)をつけます。しかし、「話す」「聞く」を重視した学習を行っているため、読んだり書いたりするテストは実施が難しく選択形式が多く、まだまだ中高で学習するような本格的な英語とは言い難くなっています。また、多くの小学校では授業の様子や提出物を参考に評価をつけたりなどしています。つまり、小学校の英語は「話す」「聞く」能力を中心に伸ばすカリキュラムが組まれているのです。

英語スクールアニー

 アニーでは、低学年から「聞く→話す→読む→書く」の順番、特に「聞く」、「話す」を重点的に行い、英語を聞いて英語のまま理解する頭を作る授業を行っています。8、9歳が言語習得のピークと言われ、人はこの順番で母国語を習得しています。







特長 ネイティブと同じ順序で学ぶ、だから身に付く。言語習得にはその繰り返しが必要です。

 「聞く→話す→読む→書く」 人はこの順番で母国語を学び、使いこなせるようになるのが合理的な手段と順序です。


授業構成 アニーストラクチャー



「最初は難しかったけれど、練習するうちに発音できるようになった!」(小6女の子)

「その日習った事をタブレットで復習できるのがうれしい!」(小4の保護者様)

ライティングの練習にも取り組みます。





授業料、開講日   

 入会金 5,500円

 施設管理費 年間 5,500円

 授業料 1か月 7,150円

 カザスカード使用料 1か月 330円


 開講日 中川校 (火) 16:00~16:50、17:00~17:50

     高町校 (水) 15:30~16:20、16:30~17:20

         (木) 16:30~17:20、17:30~18:20

お問い合わせフリーダイヤル0120-511-326 日曜・祝日を除く毎日14:00~22:00 インターネットからの資料請求 お問合わせはこちら